google.com, pub-7115624674097404, DIRECT, f08c47fec0942fa0 "> ソ・ジソプの本名はソ・ジソブ!なぜソ・ジソプと呼ばれるようになったのか? - すいまのブログ
PR

ソ・ジソプの本名はソ・ジソブ!なぜソ・ジソプと呼ばれるようになったのか?

俳優
俳優男性芸能人韓流
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
広告
 

 

 

ソ・ジソプは1977年11月4日にソウルで生まれました。本名はソ・ジソブと書いて、ソ・ジソプと発音します。しかし、日本ではソ・ジソプと表記されることが多くなりました。その理由は、彼が日本で初めて出演した映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」のポスターやパンフレットで、ソ・ジソプと表記されたことにあります1。この映画は2008年に公開され、ソ・ジソプは主人公の敵役である夜叉を演じました。彼の演技は日本の観客にも好評で、彼の知名度を高めました。しかし、彼の名前はソ・ジソプとして定着してしまいました。その後、彼は日本での活動を続け、ドラマや映画、CMなどに出演しました。その際にも、ソ・ジソプという名前で紹介されることがほとんどでした。彼自身も、日本のファンにはソ・ジソプと呼ばれることに抵抗はないと語っています2

広告
広告

ソ・ジソプの本名はソ・ジソブ!本名にまつわるエピソードとは?

 

ソ・ジソプの本名はソ・ジソブですが、彼はサインをするときには、ソ・ジソプと書きます。これは、彼がデビューしたときに、所属事務所の社長から「ソ・ジソプと書いたほうがかっこいい」と言われたことがきっかけだと言われています3。彼はそのアドバイスに従って、サインをソ・ジソプと書くようになりました。しかし、彼は本名を変えたわけではなく、公式な場ではソ・ジソブと名乗っています。彼はサインと本名の違いについて、「サインは芸名みたいなもので、本名は本名だと思っています」と説明しています4。彼はサインと本名の両方に愛着を持っているようです。

ソ・ジソプの本名はソ・ジソブ!本名を名乗るときのエピソードとは?

 

ソ・ジソプの本名はソ・ジソブですが、彼はドラマや映画の中で、本名と同じ名前の役を演じたことがあります。その一例が、2000年に放送されたドラマ「好き好き」です。このドラマでは、ソ・ジソプはパク・チソプという名前の役を演じました。この名前は、彼の本名と同じ発音ですが、漢字が違います。彼はこのドラマで、恋愛に奥手な青年をコミカルに演じています。彼は本名と同じ名前の役を演じたことについて、「自分の名前を呼ばれると、ドラマの中の人物ではなく、本当の自分になってしまうような感覚がした」と話しています5。彼は本名と同じ名前の役を演じることに抵抗はなかったとも言っていますが、やはり少し違和感があったようです。

まとめ

ソ・ジソプの本名はソ・ジソブです。彼は日本ではソ・ジソプと表記されることが多くなりましたが、本名を変えたわけではありません。彼はサインやドラマの役名などで、本名と違う名前を使うことがありますが、それにも意味やエピソードがあります。彼は本名と芸名の両方に愛着を持っているようです。ソ・ジソプと呼ぶのも、ソ・ジソブと呼ぶのも、彼にとっては大切な名前なのです。

Follow me!

広告
広告
広告

コメント

PAGE TOP
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました